圧倒的な低コストで企業内のコンテンツ配信を実現します。専門知識も設備も不要です


配信したい資料、ビデオなどをアップロードするだけで直ぐに使えます。


限定配信は勿論、コンテンツのセキュリティも万全です。




難しい事は言いません、簡単で最適なコンテンツ配信をPressPadなら実現できます
デジタルコンテンツをアプリとして配信するPressPad電子出版サービスはコンテンツ配信に新たな革命をもたらしました。ただ読むだけだった書籍をデジタル化をしてプログラムとし、スマート端末(モバイル)と連動して使う事により、必要な情報を目的の相手に最適な条件で配信する事ができる様になりました。 これは、電子出版の技術が、「書籍販売から動画、音声を含めたコンテンツ配信ビジネス」への参入を可能にしました。
そして、ユーザが簡単にコンテンツ配信が使えるための3つのキーポイントがあります。
1) ユーザ数やコンテンツの容量で課金され実際は思ったより高くなった
2) 必要な事は、簡単に使えて、動画や文章の混在ができて、必要な人にだけ配信できる事
3) サーバやら端末の設定、システムの構築などしないで、ユーザが直ぐに使えないと意味がない

PressPadは月額固定の使用料だけでユーザは「PDFをだすだけ」のフルサービスを標準としております。 実コストだけでなく、余計な手間までを削減するサービスを行ってきました。ユーザの「安く、手軽に」の要求は勿論、実質的な費用削減をしながら新たな付加価値を与えるサービスの提供に努めております。

Promo-Codeでドキュメントの閲覧をコントロールします

  PressPadのPromoCodeはシンプルですがドキュメントの閲覧制限をコントロールします。
PromoCodeはコードを入力されたコンテンツがどの様な条件で閲覧をさせるのかを予め設定をします。
設定は、購読の開始日、終了日の指定、コードの有効期限、ワンタイム使用などが可能であり、
例えば、「Aさんに1月25日から2月10日までの期間、セミナー参加の内容を閲覧できる」、などの設定ができます。
そして、同時にPush通知機能を使う事により個別の通達をより確実なものにします。




PressPadは標準化をE-Pubからデジタルコンテンツ配信まで行っています

コンテンツ配信は互換性の確保と拡張性を考え世界標準のPDFを使い、端末を選ぶ事無く、PCでもスマートフォンやタブレットでも閲覧できるため、リアルタイムで全世界のユーザに配信する事が出来ます。
このPressPadの基本コンセプトの上にオンラインコンテンツである、Webサイト、ブログなどとのコラボを可能にする News、自前Storeサイトでのコンテンツ販売をも可能にする Store などの新たなサービスによりコンテンツの利用範囲が広がります。

-----------------



電子出版ビジネスからコンテンツ配信へ

弊社はコンテンツ配信・管理の使用障壁を低くして、本来のビジネスをより早く・より簡単に行って頂けるよう、サービスとしてのIT技術を活用したエンドユーザ向けサービスを行ってきました。
ITを活用したビジネスは費用対効果が高く即効性があるのが特徴です。その技術は出版業とは似て非なるビジネス分野でのコンテンツ配信を中心に自社のコンテンツを販売する業務、企業内での情報配信、音声・ビデオを組合せた教育・学習プログラムなどへの活用が期待されます。これらの基盤である電子出版サービスの技術開発を全て自社で行っているPressPadでは、確実に、短期間で、しかも驚くほどの低コストでコンテンツ配信サービスを提供することが可能となりました。
新たな展開を見せる「配信ビジネス」の
「応用事例」をご覧ください。



PressPadでの配信ビジネスの応用事例

詳細事例と紹介




PressPadは電子出版サービスの先を行きます